三井住友銀行グループのモビット

三井住友銀行グループのモビット

三井住友銀行グループのモビット

実質年率 3.0%〜18.0% 限度額 800
万円
保証人 不要 最短
即日融資
○※
※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります

モビットお申し込み・ご契約方法

申し込み方法

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み ※1

※1 インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。


店頭窓口による契約申込み

近くの銀行・コンビニでご利用可能!

口座振替で返済可能、銀行振込で返済可能、提携ATMで返済可能

お金を借りる【会社一覧】

同時にお申込みをする際は、最大3社までがベストです(ご融資の確実性を上げるため)
休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
三菱東京UFJ銀行 1.8% 〜 14.6% 500
万円
★★★★☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 800
万円
★★☆☆☆
じぶん銀行 2.2% 〜 17.5% 800
万円
★★★☆☆


モビットの返済方法

街中やコンビニでキャッシングのATMは、よく見かけるけれどもしそれらを利用した場合返済はどうすればいいのだろう。 いつ返済で利息は、どのくらいになるのだろう。なんて考えたことはありませんか。 今回はそんな疑問にモビットカードのローンを例にみてゆきたいと思います。 まず借入後の返済ですがモビットのローンでは2通りの方法が用意されています。

1.近くの提携ATMからの返済
これは、提携しているコンビニや銀行のATMへ決められた返済日に入金する方法です。

2.口座振替による返済
上記方法は毎月指定した日に自身の口座より決められた額が引き落としされるようになります。 (口座振替による返済の場合三井住友銀行または三菱東京UFJ銀行の預金口座が必要になります。)

なお、どちらの方法も返済日は5日・15日・25日・末日のいずれかより選ぶことができます。 このほかにモビット指定の預金口座へ振込返済することも可能です。

次に毎月の返済額ですが、これは最終借入後の残高帯によって変わる借入後残高スライド元利定額返済方式となっています。 どういうことかと言うと借入している額によって毎月返済額が変わるのではなく一定の金額に達したら返済額が変わってくるようになります。 例えば5万円借りても8万円借りても月々返済する額は4千円と定額で10万円という上限を超えたら12万円借りても19万円借りても月々の返済額は8千円 となります。

返済額が定額なので、自分の返せる範囲で借入することができるのも大きなメリットだと思います。 また余裕があるときは大目に返済することもできるので追加返済をすれば早く返済も済みその分支払う利息も少なくなります。

では借入の利息はどのくらいなのでしょうか。 まず利用限度額ですがこれは、1万円〜500万円の間の額での設定となり利用限度額内であれば何度でも借入することができます。 金利も実質年率4.8%〜18.0%となっており、例えば実質年率18.0%で30万円を1か月借入した場合の利子は4,437円となります。

公式サイトでは、毎月の返済額や返済月数を簡単にシミュレーションすることもできますので希望の金額を入れてみてどのくらいになるのか 見てみるだけでもいかがでしょうか。

ATMの引き出し手数料無料のキャンペーン等も行っていることがあるので上手くメリットを生かして使えば買い物ついでにキャッシングなんて 感じに結構便利に使えるかもしれませんね。