三菱東京UFJ銀行の歴史とは

三菱東京UFJ銀行の歴史と業績について

三菱東京UFJ銀行は現在日本最大の銀行であり4大都市銀行の一つです。
4大都市銀行とは他にみずほ銀行、三井住友銀行とりそな銀行です。
総資産額はドイツ銀行に次ぐ金額で現在のところ世界第二位になります。
この銀行は歴史的には度重なる銀行同士の合併によって設立されました。
具体的には三和銀行と東海銀行が合併したことにより2002年に作られたUFJ(UnitedFinancialofJapan)銀行と、1996年に東京銀行と三菱銀行が合併して作られた東京三菱銀行との間で2006年に三菱東京UFJ銀行として統合された銀行ということです。
本社は東京都千代田区丸の内にあり、現在の代表取締役社長は前三菱銀行出身の平野信行です。
現在、三菱東京UFJ銀行が取り扱っているサービスは預貯金以外に『外貨預金』、『投資信託』、『インターネット金融商品仲介』、『住宅ローン』、『クレジットカード』など多岐にわたります。
業績面は順調に売り上高を挙げているため良好な経営状況であり、大学生の就職したい企業ランキングでは常に上位に位置しています。
東京株式市場一部上場している企業です。
株価の変動を見ると近年では上昇傾向にある企業といえるでしょう。
そのため、非常に『安定』した銀行といえ、その安心感から多くの利用者を獲得しています。
また、企業のイメージキャラクターとしては銀行として唯一ディズニーキャラクターを採用しており、それに関連したグッズ等もいくつか作られています。
例えばディズニーファンには嬉しいディズニーキャラクターカードやキャラクターの預金通帳などが発行されています。

関連ページ

JAバンクの店舗/ATMで借入するには
JAバンクの店舗/ATMで借入するには
じぶん銀行の店舗/ATMお金を借りるには
じぶん銀行の店舗/ATMお金を借りるには
バンクイックからお金を借りるメリットとは
バンクイックからお金を借りるメリットとは
楽天銀行の店舗/ATMでお金を借りるには
楽天銀行の店舗/ATMでお金を借りるには
楽天銀行の歴史とは
通販決済から幅広い銀行業務に拡大した楽天銀行の歴史とは!?こちらでは金融知識をお伝えしています。