変動金利とは

変動金利か固定金利か

消費者金融のキャッシングを利用する際に大きな問題となるのが金利です。 当然のことですが、キャッシングを利用してお金を借りれば、その後は一定期間にわたって元金に併せて利息も返済していくことになるわけですから、返済額全体を低く抑えるためには金利の安いキャッシングを利用するのが一番よい方法です。
現在、消費者金融のキャッシングの金利には変動制を採用しているところもあれば、固定制を採用しているところもあります。 変動金利の場合には借入期間中であっても実質金利にともなって貸出金利が変化するため、金利が下がれば支払う利息が減りますし、金利が上がれば支払う利息が増えることになります。
一方、固定金利の場合には実質の金利が上下しても契約時に定めた金利がずっと変わりません。 この場合、契約時よりも大幅に金利が下がると支払う利息が割高になってしまいますが、いちいち金利の相場を気にすることがないので気が楽だというメリットもあります。
変動金利と固定金利のどちらが良いのか気になる人もいると思いますが、上記のようにそれぞれにメリットとデメリットが併存するため、どちらが良いということは一概に言えません。 今後、金利が上昇しそうならば金利が低いうちに固定金利を選べばよいですし、さらに金利が下がる、あるいはほとんど変わらないと考えるならば変動を選べばよいでしょう。
なお、変動金利を採用している業者であっても、金利の見直しは毎月行われるわけではなく、一般的には年に2回程度となっています。

関連ページ

メガバンクとは
メガバンクとは
与信とは
与信とは
元利均等返済とは
元利均等返済とは? お金を借りる方法ナビで金融知識をお伝えしています。
固定金利・変動金利とは
ローンの固定金利と変動金利はどちらが有利か!?こちらでは金融知識をお伝えしています。
多重債務者とは
多重債務者とは
サインレス決済とは
決済の際に非常に便利なサインレス決済とは!?こちらでは金融知識をお伝えしています。