固定金利・変動金利とは

ローンの固定金利と変動金利はどちらが有利か

ローンを借りる際に、固定金利と変動金利という言葉を耳にすることが多いでしょう。
短期で借りるローンの場合には、ほとんどの場合が固定金利ですが、銀行ローンのような長期ローンとなると、この2つの種類からの選択が可能となってきます。
そもそも、その2つの差は何なのでしょうか?
固定、変動の意味を考えてみるとすぐにお分かりいただけるように、返済の期間中返済金利がずっと変わらないものと、市場金利に連動しながら変化していくものということになります。
二つの差が分かりにかもしれませんが、以下のように考えてみるとどちらが良いのかを自分で決めることができるようになります。
固定金利の場合は、ローン設定時から金利が完済まで一定しています。
そのメリットは、ローンの変動によって返済額や返済期間が変動することがないので、返済計画が立てやすいということです。
これから景気が上がることが見込まれる時代においては、この固定タイプが有利となります。
景気の上昇とともに金利が上昇するというのが経済の流れであるからです。
逆に、景気がデフレ傾向がある場合には、変動金利を選ぶと有利なローンを組むことができます。
一定期間ごとに金利が市場金利と連動して見直されるため、金利が下がる経済基調の場合には、予定返済額よりも節約することが可能となります。
ただし、予想に反して金利があがるというリスクもゼロではありませんので、慎重に検討判断することが大切です。

関連ページ

メガバンクとは
メガバンクとは
与信とは
与信とは
元利均等返済とは
元利均等返済とは? お金を借りる方法ナビで金融知識をお伝えしています。
変動金利とは
変動金利とは
多重債務者とは
多重債務者とは
サインレス決済とは
決済の際に非常に便利なサインレス決済とは!?こちらでは金融知識をお伝えしています。