多重債務者とは

多重債務者になってしまう原因は

多重債務者というのは複数の業者から借金したりすることによって返済が困難になってしまった人で、日本全国に150万人から200万人ほどいるという風に言われています。
こういう風に借金を重ねてしまう原因というのはギャンブルなどによる借金などルーズな生活をしているという風に思いがちですが、実際のところは真面目で几帳面な人が多いです。
多重債務に陥るパターンというのがいくつかあります。 一つ目はリストラや給料カットなどによって収入が減ってしまい、生活費を補填するためにキャッシングを利用するというケースです。
生活費をキャッシングで賄うというのは非常事態ですので、収入を増やす努力をすると共にかかる費用を減らす努力も行う必要があります。 二つ目はルーズな生活を過ごしてしまい自転車操業のように無計画にキャッシングを利用するケースです。
便利だからという理由でどんどんキャッシングを利用するとだんだん月々の返済が苦しくなります。 結果的に返済が苦しくなってくると再びキャッシングを利用してしまうことになります。
三つ目は悪徳業者に手を出すというケースです。 悪徳業者に手を出してしまいますと借金が一気に膨れ上がることになりますので気を付けたいところです。
四つ目は第三者の借金のために保証人になったり、名義貸しをするケースです。 返済することが困難になってきているから多重債務者になっているわけですから、自分一人で悩まずに早急に弁護士(司法書士)などの専門家に相談したほうがいいです。

関連ページ

メガバンクとは
メガバンクとは
与信とは
与信とは
元利均等返済とは
元利均等返済とは? お金を借りる方法ナビで金融知識をお伝えしています。
固定金利・変動金利とは
ローンの固定金利と変動金利はどちらが有利か!?こちらでは金融知識をお伝えしています。
変動金利とは
変動金利とは
サインレス決済とは
決済の際に非常に便利なサインレス決済とは!?こちらでは金融知識をお伝えしています。