与信とは

限度額は与信によって与えられます

与信とは、融資において債務者に与えられる信用のことです。 例えばキャッシングの場合、無担保・無保証で契約ができる反面、給与、職業、その他の個人情報から捻出される契約者の返済能力に応じた融資がされます。
この返済能力が融資における信用に繋がります。 そもそも融資を受けたら返済をしなくてはいけないのが当たり前ですので、「返済してくれそうな人かどうか」というのは融資をする上で最も重要なポイントです。
その上で、いくらまでなら貸し付けることができるのかという判断をします。 なので、自分が100万円の融資を受けたいと思っていても、返済能力によっては50万円までしか融資を受けることができない可能性もあるでしょう。
そして、返済能力からみて幾らまで貸し付けることができるのかという信用を借入限度額で表しますが、この設定された限度額が与信ということになります。 つまり、より簡単に説明すると、債権者が債務者に対して債務者の返済能力からどのくらいの金銭を供与するのかということです。
供与できる金銭は、先述したように返済能力が重視されるのですが、具体的には3Cから判断されます。 3Cとは、債務者の「返済能力(Capacity)」「返済資質(Character)」「返済担保(Capital)」で、この3つが評価要素です。
実際の基準は各社で異なるので一概ではないですが、例えば無担保契約をするよりも有担保契約をしたほうが信用は高くなると考えられます。

関連ページ

メガバンクとは
メガバンクとは
元利均等返済とは
元利均等返済とは? お金を借りる方法ナビで金融知識をお伝えしています。
固定金利・変動金利とは
ローンの固定金利と変動金利はどちらが有利か!?こちらでは金融知識をお伝えしています。
変動金利とは
変動金利とは
多重債務者とは
多重債務者とは
サインレス決済とは
決済の際に非常に便利なサインレス決済とは!?こちらでは金融知識をお伝えしています。