ブラックリストとは

絶対に載りたくないブラックリストとは

融資を受けた場合、契約時のルールに従って返済する必要が有ります。
しかし時には返済が滞ってしまったり、多重債務に陥ってしまう事もあるものです。
自分には関係ないと思っていても、お金を借りる場合、誰にでもそうなる可能性があります。
金融機関による融資は慈善事業ではありません。
その為、返済しない人に対しては融資を行わないという方法がとられます。
そこで各社で、誰が金融事故を起こしたかという情報を共有する必要が有ります。
この登録している情報の事をブラックリストと呼ぶのです。
名前から見ると、黒い一覧表の様な物があるイメージを抱く人もいるかもしれませんが、実の所そういう物が実在するわけではありません。
金融機関は融資を行う時、個人信用情報機関に情報が登録されているかどうかを確認します。
そして情報がある場合、残念ながら融資を受ける事も、さらにクレジットカードなどを発行してもらう事もできなくなるのです。
ちなみにこの情報ですが、一度登録されてしまうと5年から10年程はずっと残ったままとなります。
勿論その間は新規のローンなどを組む事は出来ません。
住宅を購入したいと思っても住宅ローンを組むことができなかったり、移動手段として車を購入しようと思ってもマイカーローンを組むことは出来ません。
返済が1回滞った位では掲載される事はまずありませんが、何度も繰り返すと登録されてしまうので注意しましょう。
ブラックリストは大口ローンだけが対象ではなく、小口ローンも対象となっているため注意が必要です。

関連ページ

システム金融とは
システム金融の知識を理解して金融業界を知る!こちらでは金融知識をお伝えしています。
ネガティブリストとは
ネガティブリストとは
与信管理とは
金融機関から個人がお金の借り入れを行う際に関係してくる与信管理とは?金融知識をお伝えしています。
定率リボルビングシステムとは
定率リボルビングシステムとは
定額リボルビングシステムとは
定額リボルビングシステムとは
自己破産とは
自己破産とは