システム金融とは

システム金融の知識を理解して金融業界を知る

金融業界は、さまざまな業態で仕事をしています。
その中の一つがシステム金融といわれる業態です。
主に、中小企業に積極的に活動を行っているもので、融資の勧誘をファックスやダイレクトメールなどでしています。
資金繰りに行き詰っている会社を選んで、面談なしで小切手や手形を郵送で送ってもらうようにします。
そして、その見返りとしてお金を貸してくれるのです。
お金を貸す会社なので、当然利息がかかってきます。
通常であれば18%未満と法律で決められています。
システム金融の場合は、利率が年で100%を超える業者がほとんどです。
月で換算すると15%前後で、うまく融資をうながすように言葉巧みに勧誘を進めてきます。
普通に考えれば、年利率が100%なら誰でもしり込みをしてしまうでしょう。
それでも資金繰りが厳しい会社であれば、融資を受ける可能性は高いのです。
一連の情報は、グループや他の金融業者にも共有されます。
一度使ってしまえば、他からも多くの勧誘を受けるのは間違いありません。
通常であれば、政府に届出を出さなければいけません。
しかし、システム金融はほとんどの業者が無登録営業です。
そのため、実態はなくやりとりのほとんどが電話代行業者で行われるのです。
通常の業者であれば、会社の実態がないということはありえません。
それでも、資金繰りに非常に苦労している人は、この方法しかないと思い込んでしまうのが現状です。
無理な利息を支払うのではなく、実態のある業者を利用しましょう。

関連ページ

ネガティブリストとは
ネガティブリストとは
ブラックリストとは
絶対に載りたくないブラックリストとは!こちらでは金融知識をお伝えしています。
与信管理とは
金融機関から個人がお金の借り入れを行う際に関係してくる与信管理とは?金融知識をお伝えしています。
定率リボルビングシステムとは
定率リボルビングシステムとは
定額リボルビングシステムとは
定額リボルビングシステムとは
自己破産とは
自己破産とは