金融事典3

金融事典3

融資額を増やしたいなら有担保ローンが有利

キャッシングの魅力は無担保、保証人なし、いつでも借りることのできる手軽さにあります。 しかし、融資上限に関しては300万円から多くても500万円程度に抑えられており、事業資金や設備投資など多額の融資が必要な場合には、有担保ローンが有利になります。 担保がある場合、融資上限額が1億円から多い場合だと10億円まで可能な金融機関もあります。 担保というのは、万一融資した資金が返済不能に陥った場合、その代わりとなるもののことを言います。 様々な担保が考えられますが、中でも最も多いのが不動産です。 通常は、その担保となる不動産価値を査定し、その価値に対して7割から8割程度が融資の上限になります。 1億円の不動産価値があるとすれば、融資上限は7000万円〜8000万円ということですね。 バブルの頃は価値のないような不動産でも、どんどん融資していましたが、今はそのようなことはありません。 また、担保があれば無条件に融資してくれるということではなく、しっかりとした事業計画があり、確実に返済が見込めるということを金融機関に説明、説得する必要があります。 情熱も大切ですね。 高額な融資になりますと、返済期間が長くなりますので、金利に関しては無担保融資に比べて低くなります。 これはメリットと言えるでしょう。 ただ金融機関によって金利が違いますので、まずは金利の低いところから交渉を開始するというのが基本になります。 ある金融機関で融資を断られても、別の金融機関ではOKになることも少なくありませんので、諦めず根気強く交渉していくことが大切です。

金融事典3エントリー一覧

一昔前でありましたら、銀行に足を運んで残高照会をしたり、他社銀行への振り込みをしたり、預け入れをしたりが当たり前のことで...

≫続きを読む

金融機関はお金を貸して商売をする会社です。その際、面倒な事務手続きはコスト増になるばかりでなく、大事なお客様に疎まれる要...

≫続きを読む

優遇金利とは簡単に言うと、店頭等で予め決められている金利よりも所定の条件をこなすことで、低い金利が借りることができるとい...

≫続きを読む

お金が必要な時に、一回一回融資を申し込むのは面倒なものです。融資を申し込まなくても、お金必要な時に、いつでも何度でも借り...

≫続きを読む

現在はっきりとした定義が存在しない電子マネーですが、一般的には電子的な情報をカードや端末同士でやりとりすることによって決...

≫続きを読む

約定返済とは、毎月決められた日に決められた金額を返済していくことを言います。通常、それぞれの勤務先の給料日が5日、15日...

≫続きを読む

私たちが生活の中で購入した物品の中に記載と著しく異なっていたり、あるいはマルチ商法のような詐欺にひっかかってしまったとき...

≫続きを読む