優遇金利とは

優遇金利をうまく活用しましょう

優遇金利とは簡単に言うと、店頭等で予め決められている金利よりも所定の条件をこなすことで、低い金利が借りることができるというものです。
商品説明の中には条件が色々書かれていますが、大きく分けると適用金利の期間が決まっていたり、借入金額が大きいものが一般的と言えます。
適用金利の機関が決まっているものについては借り入れをしてから特定の期間の場合には店頭金利よりもマイナス何%というような具合に設定されていて、その期間を過ぎると通常の金利が適用されるというものです。
また期間については、希に借入している間の全期間と借り入れをしてからある一定の期間を過ぎたら優遇金利が適用されると記載されていることも多く、自分が契約する際には、どの形態が適用されるのかを確認しておく必要があります。
金額についての場合には、借入金額の残高が所定以上の時に店頭金利よりもマイナスと表記をされている場合が多くなります。
また、銀行でローンを組んでいる場合には、逆に自分の銀行の残高よりローン残高が低い場合に優遇される場合もあります。
これらのことから優遇される条件を考えてみると借り入れの期間や金額、借入条件などを前もって契約の前に、きちんと確認していけば無駄な金利を払うことなく金融機関を賢く利用できます。
一般的に優遇金利とは金利自体が直接優遇されることを言い、ローンを組んで特典アイテム等が貰えると言う優遇の場合には当てはまりません。

関連ページ

ネットバンキングとは
ネットバンキングとは
借入限度額や利用限度額とは
借入限度額や利用限度額とは
必要な時に何度も借入するには
必要な時に何度も借入するには
電子マネーとは
電子マネーとは
約定返済とは
無理のない返済計画をするために便利な約定返済とは!?こちらでは金融知識をお伝えしています。
国民生活センターとは
知っているといざというときにも助かる国民生活センターの役割とは!?こちらでは金融知識をお伝えしています。