クレジットカードとは

クレジットカードの基本を知る

支払いをスムーズに行え、海外では現金を持ち歩くよりもさらに安全といわれているのがクレジットカードです。 そもそも消費者の収入などの信用情報を基本として、その収入に応じた限度額によってあとからお金を請求する支払い方法が行えるものを指していいます。
デビットカードは、支払いがその場で口座から引き落としされるので、大きな違いが有ります。 また、カードを作っている人専用で、ある程度のキャッシングもできるようになっています。
ただし、キャッシングはショッピング枠よりも多少少ない金額で利用ができることになっています。 カードを使用するとその金額に応じてポイントが付与されて、貯めることによって金券や電子マネーだけではなく、様々なアイテムや社会貢献への提供などが実現できます。
カードを作るためには、カード会社に個人情報を提供して申し込み、審査を受ける必要があります。 基本的には低収入があり、クレジットやローンなどを遅延なく使っている人が、メインとなってカードの審査に通ることになっています。
カードには様々な種類があり、女性専用カードや、学生、若年層専用のカードなどがありますので、様々なサービスを提供している人が多いのも事実です。 カードを利用するときに発生する手数料によって、カード会社は収入を得ています。
年会費があるものとないものがあるので、確認してから使用することによって、消費者はリーズナブルな利用ができると評判となっています。

関連ページ

定率リボルビングシステムとは
定率リボルビングシステムとは
新規利用残高とは
新規利用残高とは
ポイントカードとは
便利でおトクなポイントカードとは!?こちらでは金融知識をお伝えしています。
日本司法書士会連合会「総合相談センター」とは
困ったときは全国にある日本司法書士会連合会の「総合相談センター」に相談をしてみましょう!こちらでは金融知識をお伝えしています。