ポイントカードとは

ポイントカードはただのポイントにあらず

ポイントカードとは一定の金額を購入していただいた時にその金額に見合う分だけのポイントをそのカードに貯めていくものです。
そして貯まったポイントを値引きに使用したりまたは商品と交換したりすることができます。
またポイントを貯めていく方法としてカードにスタンプや手書きでポイントを記入していくものもあれば最近は熱によってカード自身への印字をその都度、変更していくといったものも見受けられます。
このポイントシステムによって各会社は自社にお客さんを繋ぎとめておこうとする傾向があり、お客さんも様々なお店に行ってバラバラに商品を購入するのであれば一店舗にまとめて買物を行って、ポイントをつけてもらうことで割引を受けたり、賞品をもらったりできるのでそのお店に通うようになっていきます。
このような点を目的としてポイントシステムを導入している企業は多く、ドラッグストアや服屋、さらには日常多く使うであろうスーパーマーケットでも独自のポイントシステムを採用している会社があります。
また、店舗だけではなく、クレジットカードでもポイントカードと同じようにポイントシステムを採用しているカードが多々あります。
クレジットカードも使う度にその会社でポイントが貯まる仕組みを採用しており、そのポイントに応じて商品をもらうことができる他、現金や様々な会の商品券などに交換することができるようなカードも存在していて、ポイントはただもらうだけでなく、有効に利用するものになってきています。

関連ページ

クレジットカードとは
クレジットカードとは
定率リボルビングシステムとは
定率リボルビングシステムとは
新規利用残高とは
新規利用残高とは
日本司法書士会連合会「総合相談センター」とは
困ったときは全国にある日本司法書士会連合会の「総合相談センター」に相談をしてみましょう!こちらでは金融知識をお伝えしています。