今すぐお金を借りたい時に見る、お金を借りる便利サイト

今すぐお金を借りたい時に見る、お金を借りる便利サイト

今すぐお金が必要なときは、銀行借入はすぐには借りれません。即日融資でお金借りることができるのは、消費者金融のカードローンです。 審査スピードが早いカードローンなら、新規でも審査回答最短30分や申込から最短1時間融資と今すぐお金借りることもできます。

急いでお金を借りたい方に

プロミス

>> 公式サイトをチェックする

来店不要で最短即日融資も可能

土日祝日/借入可能
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
CMでもおなじみ、SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス。
自動審査で最短1秒回答(自動審査可能時間は9:00-21:00です)
30日間無利息サービス(メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。)

融資利率 融資限度額 スピード
4.5%〜17.8% 500万円 最短1時間借入可能
【最短30分審査回答】

アコム

>> 公式サイトをチェックする

即日融資の目安:平日14時までに手続完了

土日祝日/借入可能
※アコムは三菱UFJファイナンシャルグループです。
担当スタッフが全て女性ですので、初めてお金を借りる方や、女性でも安心して利用できます。
※パート、アルバイト、派遣社員の方もお申し込み可能

融資利率 融資限度額 スピード
3.0% 〜 18.0% 800万円 最短1時間融資可能
審査・回答
【最短30分】

お金を借りるときは目的を明確にしよう

【目的@】低金利でお金を借りる

低金利でお金を借りたい
安心感のある銀行からお金を借りたい
必要な時に何度でもお金を借りたい

>【銀行からお金を借りる】詳細


【目的A】即日融資でお金借りる

急いでお金を借りたい
融資スピードの速い業者に申し込みしたい
必要な時に何度でもお金を借りたい

>>【すぐにお金を借りる】詳細


【目的B】休日祭日にお金借りる

土曜日・日曜日でもお金借りることができる
祝日にお金を借りることができる
必要な時に何度でもお金を借りたい

>>【休日にお金を借りる】詳細


今すぐお金を借りたいなら

どうしても今日中にお金が必要など、今すぐお金を借りたいなら即日融資に対応しているカードローンに申し込むのが一番の近道です。 親兄弟などの家族・友達や恋人にお金を借りる、勤務先から給料の前借をするのもお金を借りる方法のひとつですが、それが無理なら、利用目的がフリーで、借入限度額の範囲内で何度でもお金をATMから引き出すことのできるカードローンがとても便利です。 カードローンを利用するには、申し込み後に審査が必要になります。こちらのサイトでは、申込条件、必要書類、申込方法、カードローン審査、返済方法など、実際にお金を借りる際に必要な手順等を公開しています。

今すぐお金を借りるなら消費者金融カードローン

今すぐお金を借りるなら、審査スピードや融資速度が早い大手消費者金融カードローンでキャッシングをするのがベストです。 カードローンには主に、消費者金融と銀行がありますが、即日融資可能で早く借りれるカードローンはプロミスやアコムなどの大手消費者金融になります。 低金利でお金借りたいときに安心して借り入れできるのは銀行カードローンですが、1万円、2万円、3万円、5万円、10万円、20万円などの少額で緊急でお金が必要になったときや短期借入の時には、実際の利息の差はわずかなので、テレビCMでもお馴染みで安心感があるプロミスやアコムなどの大手銀行系カードローンがオススメです。
即日融資なら消費者金融が良い理由
同じお金を借りるなら少しでも低金利のほうがいい!というのは当然ですが、それでも今すぐお金を借りたいなら消費者金融が良い理由があります。 消費者金融は申込から最短1時間融資など夜遅くまで審査対応をしており土日休日でも当日借入ができますが、銀行は即日借入ができないこともあり、すぐ借りれる銀行カードローンがないからです。 また、銀行のデメリットとして審査が厳しいといった点もありますので、銀行からお金を借りれない人が大手消費者金融カードローンを選んでいるという事実もあります。 ほかにも、消費者金融にはプロミス・アコム・SMBCモビットなどの大手銀行グループや東証一部上場のアイフルもあり安心して借り入れできます。 30日間金利0円の無利息期間キャンペーン、ポイントをためて無利息期間適用やATM手数料無料といったお得なキャンペーンがあり、公式スマホアプリや会員サービスの充実など、利便性が高いのも特徴です。

銀行系カードローンとは

消費者金融カードローンのなかには、銀行グループや銀行系の金融機関が親会社など、安心してお金を借りれる銀行系カードローンがあります。 SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス、 三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム、 SMBCグループのSMBCモビット、 東証一部上場のアイフルなど、 テレビCMでもお馴染みの大手企業でありながら、お金を借りる際に即日借入ができ、土曜日・日曜日・祝日(祭日)も含めて深夜や早朝でも借入できるなど、対応力があります。 プロミスの瞬フリで受付完了から10秒程度で即日振込キャッシングをしたい!アコムの自動契約機(むじんくん)で即金借入したい!など、銀行系ならではの信頼感と同時に即日借入できる安心感も重視したい方は、銀行系カードローンをご検討ください。
即日融資が可能な銀行系大手消費者金融リスト
・SMBCコンシューマーファイナンスのプロミス
・三菱UFJフィナンシャル・グループのアコム
・SMBCグループのSMBCモビット
・東証一部上場のアイフル

申込から最短1時間融資OK

平日の銀行などの金融機関の営業時間帯はもちろんのこと、平日夕方、夜間、早朝、土曜日曜祝日(祭日)といった休日まで、今すぐお金を借りたいときに、審査回答最短30分や申し込みから最短1時間融資など、即日借入ができるのが最大の特徴です。 審査受付時間も長く審査スピードが早いので、カードローン審査を申し込んでから審査が完了するまでに時間がかからず、また、実際に契約したあとにATMや振込キャッシングでお金を借りる際にも対応がスムーズで今すぐお金借りれるなど、即日融資以上に即時借入ができるのもまた助かります。 プロミスなら、対象金融機関の口座(三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行)があれば、土日休日問わず24時間いつでも受付完了から10秒程度で瞬フリ(振込キャッシング)可能です。 アコムなら、対象金融機関の口座(楽天銀行)があれば、受付完了から1分程度で振込キャッシング可能です。

少額融資や短期借入なら金利の影響が少ない

今すぐに1万円借りたい、今すぐ二万必要、今日中に2万円借りたいなど、数万円の融資や、お給料日前に少しお金が足りないから数日〜数週間お金を借りるなど、少額借入や短期借入等の場合には、数十円〜数百円と金利の影響が受けにくいため、消費者金融カードローンが利用しやすいです。 また、少しお金に余裕があるときほど、数万円づつ借りて借入実績をつけておくことで、今後、少し大きめの金額を借りたり、借入限度額を増額する際にも有利になります。 なお、借入金額が高額で大口借入となっても1日お金借りるくらいならば良いのですが、借入期間が長期借入となる場合や、借入金額が100万円を超えるなどの場合には、ちょっとした金利の差の影響が大きく、支払い利息に直結してきますので、注意が必要です。
プロミスで1万円借りる場合の利息計算例
1万円×0.178÷365日×30日=146円
※借入れの当日は、利用日数に含まれません。
※1円未満は切捨てとなります。

無利息期間で金利0円

プロミス、アコム、アイフルなどで初めてお金を借りる際には、最大30日間金利0円の無利息期間キャンペーンが適用になります。 お金借りる際にこの無利息期間を利用すれば、金利安いどころか実質、無金利でお金を借りれることになるので、非常にお得です。 なお、同じ「無利息キャンペーン」でも、アコムやアイフルが「契約翌日から30日間無利息(最大30日間無金利)」なのと比べて、プロミスの場合は「初回借入日から30日間無利息」なので、契約後すぐにお金を借りない場合でも、30日間フルに無利息期間を利用することができます。
プロミスで30日間無利息期間を利用する条件
・メールアドレスを登録する
・Web明細利用にする
・プロミスを初めてご利用の方

土日休日も即日融資OK

土曜日に今すぐお金を借りたい、即日で日曜日にお金を借りたい、祝日だけど今日中にキャッシングしたいなど、休日になって急にお金が必要になることもありますが、銀行カードローンだと土曜日曜祝日の休日に申し込んでその日のうちに審査を終えることはできません。 そんなときでも頼りになるのが、大手銀行系消費者金融のカードローンです。 スマホ・パソコン・ケータイからインターネットで24時間465日いつでも申し込めますし、土曜日、日曜日、祝日でも審査を行っているので、週末キャッシングも可能です。 また、自動契約機・無人契約機・ローン申込機でローンカードも発行しているので、提携コンビニATMを利用すれば土日休日でも夜中や明け方にいつでも自由にお金を引き出すことができます。 なお、土曜、日曜、祝日などの休日は、店頭窓口や店舗窓口は営業していないのでご注意ください。
※店舗に備え付けのATMは土日祝日でも営業しています

カードローン利用の流れ

審査申し込み
審査&審査回答連絡を受ける
契約手続き
お金を借りる

ネット申込なら24時間OK

カードローン申込方法の中で人気があるのが、スマホ・PC・携帯電話などから24時間365日いつでも申し込めるインターネット申込方法です。 来店不要で誰にもバレずに申し込める手軽さがあり、審査結果は電話かメールで受け取るので、店舗窓口(店頭窓口)のように外での待ち時間もなく、万が一審査に落ちた場合でも無駄足になりません。 web申込なら、銀行などの営業時間外の平日15時以降はもちろん、平日夕方・夜間・深夜・明け方、土曜日・日曜日・祝日・祭日などの休日でも24時間いつでも申し込めますし、通勤時間や通学時間などどこにいても申し込めるので、時間や場所に縛られません。 なお、インターネット申込みは24時間いつでも受け付けていまが、9:00〜21:00あるいは9時〜22時など審査対応時間は決まっており、審査対応時間外に申し込みがあった場合に基本的に申し込み順に審査を開始するため、審査時間外でのお申し込みの際にもできるだけお早めに申し込んでおくと翌朝の審査開始の際にも審査に時間がかかりません。

カードローン申込条件

カードローンには申込条件があり、誰でも申し込めるわけではありません。カードローン会社によって条件が異なりますので、ご確認のうえお申し込みください。
・申込時点で年齢が満20歳以上69歳未満の方
・本人に安定した継続収入がある方
・日本国内に居住している方

※上限年齢の設定は業者により異なります


カードローン申込必要書類

カードローン申込を行うにあたって、必ず提出する本人確認書類と、借入希望金額によって提出が必要となる収入証明書類があります。

本人確認書類

・運転免許証
・パスポート
・個人番号カード
・在留カード
・特別永住者証明書
・そのほか、住所、氏名、生年月日が記載されている顔写真つきの公的証明書類
・健康保険証+補足証明書1点
本人確認書類の補足資料
・住民票
・電気、ガス、水道、固定電話(携帯電話の領収書は不可)、NHKなどの公共料金の領収書のうちいずれか1つ
・納税証明書

※顔写真つきの証明書を所持していない場合や、証明書に記載の自宅住所と現在お住まいの自宅住所が異なる場合には、発行日から6ヶ月以内の補足書類(「お客様氏名」および「現在の住所」の両方が記載されているもの)の提出が必要です


収入証明書類

・源泉徴収票(公的年金等の源泉徴収票および退職所得の源泉徴収票を除く)
・直近2ヶ月分の給与明細書
・住民税決定通知書(特別徴収税額の決定・変更通知書)
・納税通知書
・確定申告書
・青色申告決算書
・収支内訳書
・支払調書
・所得証明書
・年金証書
・年金通知書

消費者金融の総量規制と収入証明書について

消費者金融の利用に際しては、借りすぎを予防するといった面で消費者の安全を守るために貸金業法でしっかりと規制されており、貸金業法改正により「個人の方の借入総額が原則として年収などの3分の1までに制限される」といった総量規制の対象となっています。 消費者金融では総量規制の関係もあり収入証明書の提出について一律条件が定められています。
収入証明書類の提出条件
・ご希望のお借入れ額が50万円を超える場合
・ご希望のお借入額と他社でのご利用残高の合計が100万円を超える場合

カードローン申込方法

来店不要・誰にも会わずに申込
・スマートフォン、ケータイ、パソコンからインターネット申込
・フリーダイヤルで電話申込み
・郵送申し込み
誰にも会わずに申込み
・自動契約機、無人契約機、ローン申込機から申し込み
相談しながら申し込み
・店頭窓口や店舗窓口での来店申込

WEB完結申込

申し込みはスマートフォンからネット申込、契約手続きはネットや公式スマホアプリで本人確認書類や所得証明書をアップロード、借入は指定口座への振込キャッシング、返済は口座引落など、web完結でネットでお金を借りる方法も人気です。 連絡は電話かメール、明細書の確認はWEB明細にするなどにすることによって、自宅や職場への郵送物もなく、すべてをwebで完結することができます。 web完結は手間もなく、誰にもバレずにお金を借りることができる賢いお金の借り方なので、わざわざ店頭まで足を運びたくない人やお金を借りている姿を人に見られたくない方などにオススメです。

※振込キャッシングとなり、カードレスのためローンカードの発行もありませんが、ご希望であれば後日ローンカードを発行できるなど、柔軟な対応が可能です


カードローンの審査について

保証人不要の無担保ローンであるカードローンには必ず審査がありますが、カードローンの審査に通ることは、お金の借り方テクニックのなかでも重要項目といえます。 カードローンに申し込んだ方が全員審査に通るわけではないので、あらかじめ注意できる点をチェックして、審査に通るように努めましょう。 カードローン審査では、属性スコアリング審査システムが行われていますので、審査基準をしっかりと押さえておきましょう また、信用情報に関する審査もたいへん重要です。 なお、銀行はもちろんのこと、消費者金融で24時間審査を行っている業者はありませんので、まずは審査対応時間内に審査&契約手続きを済ませて、ローンカードを使って提携コンビニATMなどで24時間借入を行いましょう。

『Q&A』属性スコアリング審査システムとは

氏名、生年月日、住所、電話番号、居住に関連する情報(居住形態、種類、名義人、住宅ローンの有無やローン金額など)、婚姻の有無、家族構成、勤務先に関する情報(勤務先、勤続年数、雇用形態など)、年収、保険証の種類などの審査に必要な基本情報を点数化(スコアリング)して審査するシステム

『Q&A』信用情報に関する審査とは

カードローン審査では、基本情報となる属性スコアリングのほかに、信用情報に関する審査が重要視されています。 事故情報(自己破産や債務整理、返済延滞の有無などを確認)、借入状況(借入件数や借入金額、借入上限金額など)、申込記録(他社借入件数や申込みキャンセルなどもチェック)、借入実績(カードローンの利用状況、返済状況、借入期間、返済回数、借入金額、月々の返済金額など)

『Q&A』勤務先への在籍確認電話について

カードローン審査に欠かせないのが、勤め先での職場への在籍確認電話です。 ほぼすべてのカードローン会社の審査で取り入れられているもので、カードローン会社の担当者から、申込時に申告した勤め先へ電話がかかってきて、その会社に本当に在籍しているかどうかの確認がされるのです。 お金を借りる際に在籍確認の電話なしで済むカードローン会社は珍しく、多くのカードローン審査では在籍確認電話があるものだと考えたほうがよいでしょう。 なお、在籍確認電話では、会社名ではなく担当者の個人名で電話がかかってくるのでその点は安心です。

『Q&A』審査なしのカードローンってあるの?

ブラックの方や今すぐお金を借りたいけど無職だぞ…という方などは、審査なしで借りたいと思われるかもしれませんが、大手でまともなカードローン会社であれば、審査なしでお金を借りれるというのは考えられません。 それこそ、少額融資なら審査なしでOKの会社があるのでは…と思われがちですが、お金を借りる際に即日審査なしで借りれるところはまずなく、そういった都合のよい業者は闇金融業者である可能性が高いので、注意しましょう。

『Q&A』お金借りる際に審査が通らない原因とは

お金借りるためのカードローン審査に通らないという方は、下記のような審査に落ちる原因があるかもしれません。
・そもそも申込基準を満たしていない
・審査基準を満たしていない
・信用情報に傷がある(ブラックリストに載っている、ブラック認定を受けている)=金融事故情報が登録されている
・年収に見合った借入希望金額ではない。年収を元に返済可能な借入金額を優に超えた希望金額を提示している
金融事故情報とは
過去に債務整理、自己破産、強制解約、個人再生、長期延滞、代位弁済などを行っていた場合、信用情報にその旨が登録され、ローン審査に多大なる影響を及ぼします。 いわゆるブラックリストに載っている状態となり、多くのローンで審査に落ちる最大の原因となります。 これらは一生登録し続けるわけではなく、一定期間過ぎると抹消されますが、信用情報に登録されている限りは審査に通るのは難しいと考えられています。

『Q&A』審査に通るためのコツとは

・住所、氏名、勤め先、年収など、基本情報を正しく答える。虚偽申請をしない。
・借入実績がない場合は、借入可能な少額を借入限度額とする。返済能力を超えた金額を希望しない
・総量規制の範囲内の金額を希望する
・いっぺんに複数のカードローンに申し込まない。同時申込は3件以内に抑えましょう
・収入が安定していることが重要。高収入であることよりも低所得でも勤続年数が長く継続的に収入を得続けていることのほうが重要です

お金の引き出し方法・借入方法とは

ローンカードでお金を借りる方法としては、ATMやCDなどからお金を引出す方法、お客様ご自身の指定口座に振り込みキャッシングする方法、直接店舗窓口でお金を借りる方法と、主に3種類あります。

atmでお金を借りる方法

カードローンは、お手元に専用のローンカードがあれば 提携コンビニatmなどで簡単にお金を引き出すことができます。 セブンイレブンなどの身近なコンビニでお金借りることができるので、買い物のついでに利用するなどたいへん便利です。 自動契約機・無人契約機・ローン申込機でローンカードを即日発行したうえで、備え付けの店舗atmや24時間利用可能な提携コンビニATMでの借入だといつでもお金を引き出せます。

コンビニATMでお金を借りる操作方法
提携コンビニATMや提携金融機関ATM(提携銀行ATM、提携会社ATM)に行く
ローンカードを挿入する
暗証番号を入力する
借入を選択する
借入金額を入力する
お金の引き出し

※コンビニ キャッシングのやり方は操作ATMによって異なる場合がありますので、公式サイトで操作方法をご確認ください



振込キャッシングでお金を借りる方法

最近の大手カードローンでは、ローンカード不要のカードレスでの借入れも可能となっています。 カードレスでの現金の借入方法は、主に指定口座への振込キャッシングになりますが、クレジットカード・家賃・水道光熱費などの引き落としで生活費の引き落とし口座にお金が欲しい場合には、直接ご自身の指定口座へ即日振込キャッシングができます。 もちろん、ローンカードを所有している方でも、当日振込キャッシングが利用できます。 なお、プロミスの場合は三井住友銀行、ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行など24時間振込可能な金融機関の口座を登録すれば、受付完了から10秒程度で瞬フリ(振込キャッシング)が可能ですし、アコムの場合は楽天銀行なら受付完了から1分程度で振込可能です。

振込借入で今すぐお金借りる際の申込方法
公式サイトの会員サービスや公式アプリから振込キャッシングの申し込みをする
指定口座に振り込んでもらう
ご自身の指定口座からお金を下す

※ネットキャッシングやオンラインキャッシングの場合には、受付時間によっては当日振込ではなく翌日振込となる場合がありますので、借入申込時間に注意してください



店頭窓口でお金を借りる方法

店舗があるカードローン業者の場合は、店頭窓口でもお金を借りることができます。 店舗で直接借入をするときには、疑問点を直接窓口のスタッフに聞きながら借入できますし、返済計画などの相談もできるので、余裕がある方は店頭窓口でのキャッシングも便利そうです。 ただし、店舗に入店している姿を家族や友人知人に見られたくないという方はご注意ください。

カードローン返済方法

お金を借りる際には返し方もチェックしておくと安心です。 また、提携ATMの利用手数料などはご利用のatmによって異なります。
・インターネット返済による指定口座への振込返済
・指定口座からの自動引き落とし返済
・店頭窓口や店舗窓口での直接返済
・ATMや提携ATMなどから返済

返済シミュレーションについて

毎月のご返済金額は、「残高スライド元利定額返済方式(残高スライド元利定額リボルビング方式)」となります。 残高スライド元利定額返済方式とは、返済が進むほど毎月の返済額は減っていくもので、最終お借入後の借入残高に応じて変動します。 ただ、毎月の返済金額が一定ではないので、返済金額が良く分からない…返済金額が知りたい!返済期間が知りたい!等の場合には、多くのカードローン業者の公式サイトが提供している返済シミュレーションを利用すると便利です。 返済シミュレーションでは、ご希望に応じたご返済期間・ご返済金額・お借入希望額を入力するとカンタンに返済計画をシミュレーションできます。
ご返済金額シミュレーション
お借入希望額をご指定の期間(月数)で返済するときの、毎月のご返済金額を算出できます
ご返済期間シミュレーション
お借入希望額を毎月一定の金額で返済するときの、ご返済期間(月数)を算出できます
お借入可能額シミュレーション
毎月のご返済可能額とご返済期間(月数)を設定したときの、お借入可能額を算出できます

一部返済・全額返済について

カードローンでは、基本的に返済日が決められていますが、一部繰上返済や全額返済も可能です。カードローンの利息計算は日割り計算なので、少しでもお手持ちに余裕ができたらどんどん返済することで、日割り計算の利息負担が減ります。 また、土曜日、日曜日、祝祭日などの休日であっても、返済方法が豊富なカードローンなら簡単手続きで返済が可能です。

カードローン以外でお金を借りる方法

銀行からお金を借りるなら

『スマホ対応』お金を借りる方法のなかでも利用者が多く人気が高いのが、 銀行からお金を借りる方法です。 人気の理由は、 「低金利でお金借りれる」「安心感や信頼感がある」「総量規制の対象外で高額借り入れができる」など、 メリットがたくさんあるからです。 特に、カードローンはその手軽さや使い勝手の良さから利用者が増えています。 こちらでは、カードローンで銀行からお金を借りる「ポイント!」をお伝えします。

銀行からお金を借りる「ポイント!」とは
なお、銀行からお金を借りる方法としてカードローンが人気ですが、事業資金としてお金を借りる場合にはカードローンは利用できませんので、ご注意ください。 銀行からお金を借りれない人は、銀行系消費者金融カードローンがベストですが、初めてお金を借りる方で審査に自信がある人、長期借入あるいは高額借入で少しでも低金利でお金を借りたい方、お金を借りたいけど今すぐお金を借りる必要はなく借入開始までに時間的な余裕がある方などは、銀行カードローンに挑戦してみるのも良いでしょう。

銀行からお金を借りるための条件
年齢が満20歳以上65歳未満で、日本国内に居住していること
原則として、安定した収入があること
指定の保証会社の保証を受けられること

※詳細条件は銀行によって異なります。ご利用の際には、実際に借り入れを行う銀行にて条件をご確認ください。



銀行でお金を借りる時に必要なもの
銀行でお金を借りる条件は上記の「銀行からお金を借りるための条件」のとおりですが、銀行からお金を借りる時に必要なものはこちらになります。 お金の借り方は銀行によって異なりますので、お申し込みの際には公式サイトをチェックしましょう。
ご本人確認書類
運転免許証。健康保険書、パスポート、個人年金カード
収入証明書
源泉徴収票、住民税決定通知書、納税証明書その1・その2(個人事業者の方)、確定申告書第1表・第2表
※50万円超の利用限度額をご希望の場合など、提出条件は銀行によって異なります

長期借入や大口借入の際には低金利でお金を借りれる銀行ローンですが、必ずしもローンカードを作成する必要はなく、なかにはすでにお持ちの銀行のキャッシュカードでお金 を 借りることができる銀行もあります。 さらには、銀行の口座開設必須なカードローンが主流ななかで、お金借りる際に新たに銀行口座開設不要な銀行もありますので、手軽に構えずに銀行キャッシングが可能です。

「ポイント!」〜メリットとデメリット〜

それぞれメリットとデメリットがありますが、その両方を考慮してでも、 銀行からお金を借りることができたら、あなたには多くの利点が生まれ ます。

たとえば、最大のメリットともいえる“低金利”ひとつをとっても、 同じ金額を借入しても、この金利の差で返済時の利息が大きく変わってくるため、のちのちの負担も軽くなります。 また、安心感などもありますので、ぜひご検討をお勧めします。

銀行からお金を借りるメリット
低金利でお金を借りることができる
融資限度額が高い(借り換えやおまとめローンなどにも有利)
安心感と信頼感がある
総量規制外のため収入以上の借り入れをすることができる

銀行からお金を借りるデメリット
消費者金融よりは審査が厳しめ
デメリットとして、“審査が厳しい”といった点が気になりますが、初めてお金を借りる方や、他社借入件数が0〜1件と少ない方、借入基準を満たし たうえで過去に返済が滞ったり、未返済の借入金などの事故情報がないなど、これらの問題がなければ審査を通る可能性が十分にあります。

金利は低金利なので返済の際に支払う利息の負担も少なくて済みますし、安心感や信頼感など、お金では買えない価値があ りますので、ぜひ、審査申し込みをお試しください。

また、以前は「審査に時間がかかる」とも言われていましたが、カードローンなら、契約申込み〜審査受け付け〜審査〜審査回答までにかか る時間が“最短40分カード発行”など、 その対応やサービスもどんどん充実してきています。

ゆうちょ銀行でお金を借りる/郵便局でお金を借りる

ゆうちょ銀行でお金を借りる方法(郵便局でお金を借りる方法)としては、下記の3点がありますが、一般的なカードローンのように担保不要&保証人不要ではありません。 郵便局からお金を借りるには、実質的に担保が必要となります。 ただし、担保といっても別途、担保となるなにかを用意するわけではなく、財形定額貯金、財形年金定額貯金、財形住宅定額貯金を行っている方がその定額預金を担保としてお金を借りるパターンになります。 また、定額貯金、定期貯金からの通常預金への自動貸付や、国債を担保としたじどうかしつけも利用できます。
・財産形成貯金担保貸付け:財形定額貯金や財形年金定額貯金または財形住宅定額貯金を担保として、所定の金額まで最長2年の貸し付けを受けられる ・貯金担保自動貸付け:通常貯金の残高を超える払戻しの請求があったときに、総合口座で管理する定額貯金や定期貯金を担保として、自動的に貸付けを行う ・国債等担保自動貸付け:通常貯金の残高を超える払戻しの請求があったときに、総合口座で管理する国債を担保として、自動的に貸付けを行う
※ゆうちょ代理業者としてスルガ銀行の個人ローンのお申込みも受け付けています。

今すぐお金を借りるなら銀行系カードローン まとめ

使い道が自由で、即日振込対応OKの銀行系カードローンを選択すればスピーディーに借入が可能です。 また、プロミスやアコムなどの大手消費者金融は、審査回答最短30分や申込から最短1時間融資可能など審査が早いことも大きな特徴となっています。 審査が早いところでは、わずか1時間かかるかかからないかくらいの速度で審査が完了しますし、即日振込みをしてくれるのです。 そのため、急いで融資を希望している人々にとって、大変利便性の高い金融関係として、重宝されています。 金融庁の正しい指導により、昨今では銀行や信用金庫など他の金融関係と金利の差も狭まってきていますので、必ずしも消費者金融系のキャッシングの金利は高いということはありません。 さらに、利便性の高いサービス内容やコンプライアンス、企業努力に関しては、多くの人が評価を繰り返しているところです。 また、初めてお金を借りる方を対象とした金利0円の無利息期間キャンペーンによって無金利での融資が可能となっているので、利便性の高い融資を受けたいという方や、短期間や少額での融資を受けたい方に多く評価されています。 返済日時が確実な方によっては、何度でも限度額以内であれば一定期間無金利で貸してくれる消費者金融も存在しています。 企業によってサービス内容は異なりますが、重宝している人が多いのは事実です。

クレジットカードのキャッシング枠でお金借りる

クレジットカードには、ショッピング機能と付帯サービスであるキャッシング機能がありますが、すでにクレジットカードをお持ちの方で、キャッシング機能をお申し込み済みの方は、クレカでキャッシングをすることができます。 借入可能金額は、キャッシング枠の範囲内となり、全体のクレカ自体の利用限度額の範囲内となります。 キャッシング機能が付帯されていない場合には、あとから追加することも可能ですが、あらためてキャッシングの審査が行われるため即日融資には向いていません。

親兄妹などの家族や身内からお金借りる

お金の借り方のなかで、親姉弟などの身内からお金を借りるこいうのは、一番手軽な方法です。 今すぐお金が必要で他のところからは借りれないといった場合でも、家族であれば借りやすいというのもあるでしょう。 また、1週間お金を借りるなど、短期的に借入れしたいときなど、少額であれば気軽に相談できるかもしれません。 ただ、仮い金額が大きくなったり、少額でも身内であるがゆえに、遠慮なくお金を借りる理由を問いただされたり、お金を借りる言い訳をしなければならないなど、別のわずらわしさがあります。

友達や恋人からお金を借りる

たとえば、相手に対して「すぐに返すから2万貸して」と気軽に言える人であれば、お金の借り方として友人を選ぶのも良いかもしれません。 少額借入や短期借入であれば、知り合いからお金 を借りる方法はそこそこ有効とも言えますが、お金の貸し借りはトラブルになりやすいので、友達との友情を考えるとできればお金を借りたくない相手とも言えます。 また、恋人からお金を借りるともなると、お金にだらしがないと思われてしまう可能性もあり、不快お付き合いをしていくと考えると、得策とは言えません。

勤務先からお金を借りる

大きな会社であれば、社員への貸付制度などもあるので、堂々とお金を借りることができますが、すべての会社で貸付制度が整っているわけではないので、確認が必要です。 また、本人が稼いだ給料の前借制度もありますので、そちらもあわせて確認してみると良いでしょう。 ただ、場合によっては心証が悪くなってしまう可能性もあるので、実際に会社からお金を借りる際には、慎重に対応しましょう。

質屋でお金を借りる

質屋というと所持品を売ってお金に変えるところ…といったイメージがあるかもしれませんが、大きな質屋では、所持品を担保にしてお金を借りることもできます。 ブランド品のかばんや財布、時計やアクセサリーなどの貴金属などがあれば、即金 2万円くらいならすぐに借りれるのではないでしょうか。 ただし、期日前に返済できない場合には、預けていた所持品は担保として没収されてしまうのでご注意ください。

市役所でお金を借りる

全国の市区町村では、一定の基準を満たすと社会福祉協議会が主体となっている生活福祉貸付金制度を利用することができます。 条件などは借入をする市区町村によって異なりますが、共通していえるのは、審査や手続きには時間がかかるという点です。 今すぐお金を借りたいといった即日融資には向いていないので注意しましょう。 また、借入条件が非常に厳しいのも特徴です。

警察からお金を借りる

外出先で所持金を盗まれたり遺失した場合などに、自宅に帰るまでの交通費などを警察から借りることはできますが、必要最低限の金額であったり、借りられる条件が限定的なので、警察からお金を借りる方法はあまりアテになりません。

その他のお金を借りる方法まとめ

生命保険でお金を借りる方法、不動産を担保にお金を借りる方法、株を担保にお金を借りる方法、日本政策金融公庫からお金を借りる方法など、さまざまなお金の借り方があります。 また、多くの都道府県や市区町村などでは弁護士などによる無料の相談室なども行っていますので、闇金融業者(ヤミ金)、個人間融資掲示板、自動車金融などの、危険なお金の借り方をする前に、まずは無料相談などを利用して安全にお金を借りましょう。

お役立ち借入コラム

初めてのお金の借り方
初めてお金を借りようと思ったとき、まずはどうしたら良いのでしょうか。 現在カードローンも数多くあり、どこから借りれば良いか迷いますよね。 詳細は銀行や消費者金融によって異なりますが一般的には借りられる対象は下記の項目に当てはまる方となります。

※日本国内在住であること
※年齢満20歳〜65歳までの方
※安定した収入があること
(主婦や学生の方でもパートやアルバイトをしていて一定の収入があれば借入可能な場合もあります。) 
※保証会社の保証が受けられる方。
(保証会社は銀行が指定する保証会社となります。)
※過去に金融トラブルを起こしていない方

上記に該当する方は、銀行や消費者金融の借入審査の申し込みが可能ですので2〜3社に絞って審査を出してみましょう。 また多くの公式サイトで借入前の仮審査やお試し診断が出来るようになっていますのでそちらを試してみるのもお勧めですよ。

審査は早ければ30分で回答が出るところもあります。また、消費者金融より銀行のほうが審査には時間がかかる傾向があります。 低金利で借入極度額も銀行のカードローンのほうが高いのでその分審査もより慎重に行われます。

消費者金融では初めて借入をされる方を対象に無利息キャンペーン等を実施している会社もありますので今すぐにお金が必要だけれど近日中に返済が可能だという方は、 そういったキャンペーンを利用されるのも手だと思います。 繰り返し利用したい方や限度額をある程度高く設定したいと考えられている方は銀行のカードローンの審査をお勧めします。

そもそも銀行のカードローンと消費者金融のカードローンの大きな違いは運営母体が違うことです。 まず銀行は「銀行法」、消費者金融は「貸金業法」という規制のなかで運営をしています。 貸金業法では個人の借入総額が原則、年収の1/3までに制限される総量規制を受けますが銀行の場合は その総量規制の対象外となるのでより多くの金額の借入をすることが出来ます。 また資金力が断然違いますので金利も消費者金融に比べて低金利での 借入が可能となっているのです。

以上にようにどこから借りるか悩んでいる方は銀行のカードローンから申込をされた方が良いと思います。 金利や借入極度額はもちろんのこと安定感、安心感もあります。 また大手の銀行でしたらATMの台数も多いので借入や返済に困ることはありません。

初めての利用でしたらメリットは様々ありますのでいくつかの会社を比べてみて一番ご自分に合ったところを選んでくださいね。

予想外の出費でお金足りない
予想外の出費が続き、お金足りない状況になることはあるでしょう。 計画的にお金を貯めている人、しっかり給料内でやりくりしている人でも、急にお金足りない状況になり、ローンの利用を余儀なくされることはあるでしょう。 そんなときは、みなさんキャッシングを利用されています。 親・兄弟から借りるという方もおりますが、迷惑をかけてしまうことには違いありません。 キャッシング業者はお金を貸すことが仕事ですので、しっかりと返済してくれる人にならば喜んで貸してくれます。 こうした人には、完済後も電話・メールで案内をしてくるほどです。 キャッシングは即日融資が基本なので、午前中に申し込みを完了させれば、当日中に融資を受けられるはずです。 業者の閉店前に申し込んだ場合は、翌日の午前中になることが多いです。 クレジットカードを所有している方ならば、カードの利用説明書を読んで、ローンが付帯されていないかチェックのもいいでしょう。 意外とローン機能が付帯されているケースが多いのです。 この場合、すでにカード契約は終了しているので、カードを使えるATMに行けば、その場で借りることができます。 クレジットやローンの利用経験がない方は、銀行系のキャッシング業者を検討するのもいいでしょう。 銀行系とは、銀行と消費者金融の中間的な性質がある業者であり、店舗形態は消費者金融となっていますが、資金提供をしているのは銀行であり、銀行の傘下として活動しています。

やっぱりお金を借りるなら誰にも知られずにお金借りたいですよね!
お金を借りたいときに、人の目が気になる人であればできるだけ誰にも知られずにお金を借りたいものですよね。 まずは、残念ですが誰にも知られずにということはあまりありません。 というのも、貸し出す先のキャッシング会社やローン会社で働いている人にはこのことが伝わってしまうのです。 このため、たくさんのカードローンやキャッシング会社の人には伝わってしまうということが残念ではあります。 とは言え、それはもちろん当たり前のことですね。 この場合は特に、お金を借りる時にはなるだけ人に知られたくないというように感じる人もいます。 このため、大事なことを知られたくないのであれば、一番オススメなのはネットキャッシングです。 これは何かというと、ネット上で全てのキャッシングの手続きが終わってしまうというものです。 ネットキャッシングの場合は基本的に誰とも会うことはありませんし、使うときにはATMなどに行く必要もありません。 ネット回線に繋がっていれば問題はありませんし、パソコンやスマートフォン・フューチャーフォンなどでお金を借りることが出来るようになっています。 お金を受け取るのであればあなたの銀行口座に振り込まれるのもメリットですね。 この場合は、あなたの銀行口座にお金が振り込まれるのでとにかく簡単にお金を受け取ることが出来るようになっているのです。 もし現金として持ち歩きたいのであればそこからATMを経由して引き出すこともできますよ。

貸金業者に関する苦情・相談は日本貸金業協会「貸金業相談・紛争解決センター」へ
貸金業者とは、消費者金融や信販会社など貸金業を行っている会社のことです。 少額融資として利用されるケースが多く、利便性が高い借入方法です。 この事から、貸金業者を活用してお金を借りている人は大勢います。

ただ、その利便性から使い方を誤ってしまい、返済に苦しむ人も少なからず存在しているのが問題です。 返済に苦しくなると、自転車操業をして多重債務者となる方がほとんどです。 こうなると自分の返済能力を超えてしまい、自分の能力だけでは返済していくことが難しくなるでしょう。 そこで借金の解決策として、債務のプロに相談するという方法があります。 その相談を請け負う機関が、日本貸金業協会です。

日本貸金業協会とは、平成19年に国の認可によって設立された貸金業法に遵守した自主規制管理機関です。 事業目的は、貸金業者の適切な運営に寄与し、貸金業者を利用する消費者の保護をします。 日本貸金業協会の貸金業相談・紛争解決センターでは、貸金業者として登録されている業者か確認したい、闇金業者を利用してしまった時に対策が知りたいという相談が寄せられています。

また、借り入れ契約において疑問点があるといった基本的な質問から、返済できそうもない債務を抱えておりどうしたらいいのか分からない、債務整理の方法が分からないというものもあります。 この他にも、生活再建を手伝ってほしい、ギャンブル等の依存症が治らないといった様々な状況から消費者の債務の問題を解決するために適切な案をアドバイスを行っています。 国が認めた機関なので、安心して利用できるでしょう。

[日本貸金業協会]公式サイト


お金借りる 未成年や学生の場合
今すぐお金を借りたいけど18歳、19歳など未成年や学生の場合は、お金を借りることができるのか気になる方はいらっしゃいますでしょうか。 結論から言いますと、貸金業者がサービスを提供しているカードローンは、満20歳に満たない学生はお金を借りることはできません。 そのため、お金を借りるのが学生だった場合には、キャッシングは利用できないので、親兄妹などの家族や親族からお金を借りるのがいちばんの近道となります。 学生がお金を借りる借りる代表格としては、学生ローンがありますが、学生ローンは学生本人を対象に融資を行うもので、消費者金融の一種であるため、やはり満20歳に満たない場合にはお金を借りれません。 なお、同じ学生でも、大学生で申し込み時点において満20歳を超えている場合には、銀行系の大手消費者金融カードローンや銀行カードローンでお金借りることが可能でなので、学生でもキャッシングOKです。

お金借りる理由とは?
お金を借りる理由には何があると思いますか?昔ながらのイメージとしては、何か大きな買い物をしたり、サービスを受けるうえで手持ちのお金ではまかないきれずにやむを得ず借りる…というものが思い浮かびます。 ですが、昨今では、カードローンキャッシングでお金を借りる理由として多いのは、お給料日前に生活費が足りないからお金を借りる、交際費を補うためにお金借りる、今すぐにお金を借りたいけど手持ちのお金がないから一時的にカードローンでお金を借りるなど、手軽なものとなっています。 また、借入金額も今すぐ1万円借りる、即金で2万円借りたい、今日中に5万円必要…といった少額から、今すぐ10万円借りたい、今日中に20万円借りる、即日30万借りるなど、少なめの金額で気軽に借入できるようになりました。 消費者金融カードローンは銀行カードローンと比べて金利が高いのがデメリットとなりますが、借入金額が少額の場合には、金利の影響も受けにくいため、少額キャッシングの場合には大手銀行系消費者金融のカードローンで今すぐお金を借りる、大口借入や長期借入の場合には大手銀行のカードローンで低金利でお金借りるといった具合に、借入目的や借入金額にあわせて調整しながら賢くお金を借りると良いのではないでしょうか。

危険なお金を借りる方法をチェック

闇金融業者からお金を借りる

キャッシングセレクトなどの闇金融業者(通称ヤミ金)の存在は、思ったより身近に潜んでいます。インターネットが普及している昨今では、借り手側がその気になれば簡単に借りれてしまうのです。 絶対 お金 が 借り れる 所として今すぐ借りれるヤミ金などに注目が集まりますが、今も昔も闇金融業者(ヤミ金)は違法業者であり、ヤミ金からお金を借りるというのは危険な行為であることに変わりません。 多重債務者などのブラックの方、今すぐお金を借りたいけど無職でお金を借りれない方、審査に落ちてしまってお金を借りれない方などは、今すぐ借りたいときに激甘審査ファイナンスを捜される方が多くいらっしゃいますが、それらの業者は闇金融業者であることが多いので注意が必要です。 闇金融業者は法定金利を大幅に超えた高金利だったり、万が一返済ができなないあるいは返済が滞った場合に厳しい取り立てや嫌がらせを受けるなど悪質でトラブルにもなりやすいので、闇金融業者からお金を借りてはいけません。

個人間融資掲示板でお金借りる

個人間融資掲示板とは、Webサイトの掲示板・ツイッター・Facebookなどで、お金を借りたい個人とお金を貸したい個人の方が、直接お金の貸し借りをする場です。 個人間でお金を借りれる、お金を借りるために対業者のような厳しい審査がない、無職やブラックでも問題なく借りれる、本人に収入がない専業主婦でも借りれた、債務整理中でも借りれたなど、お金を借りたいけど借りれない方にとっては非常にありがたく、一見夢のような話ですが、うまい話には裏があります。 個人間融資掲示板のなかには、闇金融業者(ヤミ金)が紛れていたといった話も多く、法定金利以上の利息を請求されたといった問題も報告されています。 審査なしで借りれるローンのなかに、安全に借りれるところはないと思ったほうが無難です。 思わぬトラブルに巻き込まれるケースも考えられますので、注意が必要です。

自動車金融でお金を借りる

自動車を持っている方は、自動車金融(車担保ローン、車金融、車融資)を検討されたことがありますでしょうか。 車に乗り続けたまま自動車を担保にお金を借りれるということで、どうしてもお金が必要な方にとってはありがたいサービスのように思えますが、実は危ない借入方法だとうわさになっています。 自動車金融では、車検証(自動車検査証)の名義を所有者から金融業者に変更する、万が一借りたお金を返済できない場合には、担保となっている車を取り上げられてしまうなど、問題点も多いのが現状です。 ほかにも、金利や手数料など、自動車金融での融資にかかるお金が高額となり、完全にグレーゾーンなので、気軽に借りれるというものではありません。 なお、車担保ローンでお金を借りる際に無職の場合は審査に受からないケースが多いのですが、闇金融業者が紛れ込んでいる場合にはその限りではありません。 お金を借りるにあたってカードローン会社の選択肢はたくさんありますので、少しでも不安に思われるなら、お金 借りる なら 口コミや知恵袋、お金 借りる サイトなどを使って積極的に情報収集すると安心してお金を借りれます。

お金借りれないなら自分でお金を作る

日払いのバイトでお金を稼ぐ

目先のちょっとした金額が必要ということであれば、日払いのバイトをするという方法もあります。 お給料日前で生活費が足りないというくらいでしたら、数万円なので、日給1万円などのアルバイトを数日すればちょっとした金額を稼げます。 また、平日は会社勤めしている方などでも、引っ越しのバイトなどは土日休日がバイト代が高いといったメリットもあるので、スケジュールをうまく調整することで効率よく稼げるでしょう。

質屋やオークションで所持品を売ってお金を稼ぐ

自宅にバックや財布などのブラインド品、貴金属など金目の物がある方は、質屋やオークションで所持品を売ってお金を稼ぐという方法があります。 以前は、ネットで物を売ると言うとヤフーオークションくらいしか思い浮かびませんでしたが、今ではヤフオク、モバオク、楽天オークションなどのネットオークションやメルカリ、ブランディアなどのフリマアプリも充実しているので、手軽に所持品を売ることができます。 また、出品や発送などの手間が面倒な方は、大黒屋などの質屋に所持品を持ち込むだけでお金を稼ぐことができるので手軽です。