教育ローン

学費は教育ローンを上手く使いこなす

日本で教育にかかる費用というのはかなり高いのではないでしょうか。 幼稚園から大学までを公立に通ったとしても、約900万円ほどはかかるそうです。 これがすべて私立なら、平均して2200万円もかかるというのですから驚きます。 子供の将来のためには、学歴が大事だということはわかっていますが、これだけの学費がかかるとしたらなかなか通わせられないという方もいるでしょう。 そのような方のためにあるのが、奨学金や教育ローンです。 奨学金には成績条項があり、成績優秀者でなければ利用することはできません。 ですが、教育ローンには、そのような成績条項はありませんから、誰でも自由に利用することができます。 ただ、国の教育ローンの場合、指定の学校でなければ利用できないなどの条件があるので、子供が通いたい学校でも利用できるのかどうかをあらかじめ調べなければなりません。 銀行やノンバンクが提供しているものなら、そのような条件はないので安心です。 国のものより少し金利が高くなりますが、目的ローンであるため、フリーローンなどよりずっと金利が低く設定されています。 奨学金と併用することもできますから、学費の不足分を十分補うことができるでしょう。 金利が低く設定されていることで、返済が容易にできるというメリットもあります。 学費が足りないからといって、進学を諦める必要はありません。 現在は、両親などが借入をし、卒業後は子供本人が返済するケースが多いようです。