電子マネーとは

いろんな種類がある電子マネーとは便利な方法です

現在はっきりとした定義が存在しない電子マネーですが、一般的には電子的な情報をカードや端末同士でやりとりすることによって決済をするサービスのことを指す言葉になっています。
使用する時にサインがいらず、読み取り機械にカードや端末をかざすだけで買い物が成立するので、その手軽さから老若男女問わず利用する人が増えているツールの一つです。
そんな電子マネーの清算方法は、カードタイプのものだと大まかに分類して2種類存在します。 ひとつはプリペイド式と呼ばれるものです。 これは使用する前に事前にお金をチャージしておいて、その中から買い物した代金が引かれていく方法です。
なので残金が少ないと利用出来ませんし、専用の機械がある店舗に足を運んでチャージすることになります。 そのチャージの手間を省いた清算方法が、もうひとつのポストペイ方式です。
利用した料金を後日まとめて支払うタイプになっていて、クレジットカードとよく似た使い方ができますが、つい使い込みやすい面があるのもクレジットカードと同様です。
プリペイド式にもポストペイ式にも長所短所がありますが、所有している携帯電話で電子マネーが利用できるのなら、プリペイド式の長所と携帯電話のネット機能を生かした方法も携帯電話の機種によって存在します。
決算自体はプリペイド式で行われ、残金で自分がどの程度お金を使っているか分かるようになっていますが、チャージがネットから出来るので特定の店舗に足を運ばなくてもその場でできるというものです。
なので実質的にはポストペイ式の手軽さも兼ねた方法となっています。