金利・利率・利息の用語辞典

金利・利率・利息の用語辞典

システム金融の知識を理解して金融業界を知る

金融業界は、さまざまな業態で仕事をしています。
その中の一つがシステム金融といわれる業態です。
主に、中小企業に積極的に活動を行っているもので、融資の勧誘をファックスやダイレクトメールなどでしています。
資金繰りに行き詰っている会社を選んで、面談なしで小切手や手形を郵送で送ってもらうようにします。
そして、その見返りとしてお金を貸してくれるのです。
お金を貸す会社なので、当然利息がかかってきます。
通常であれば18%未満と法律で決められています。
システム金融の場合は、利率が年で100%を超える業者がほとんどです。
月で換算すると15%前後で、うまく融資をうながすように言葉巧みに勧誘を進めてきます。
普通に考えれば、年利率が100%なら誰でもしり込みをしてしまうでしょう。
それでも資金繰りが厳しい会社であれば、融資を受ける可能性は高いのです。
一連の情報は、グループや他の金融業者にも共有されます。
一度使ってしまえば、他からも多くの勧誘を受けるのは間違いありません。
通常であれば、政府に届出を出さなければいけません。
しかし、システム金融はほとんどの業者が無登録営業です。
そのため、実態はなくやりとりのほとんどが電話代行業者で行われるのです。
通常の業者であれば、会社の実態がないということはありえません。
それでも、資金繰りに非常に苦労している人は、この方法しかないと思い込んでしまうのが現状です。
無理な利息を支払うのではなく、実態のある業者を利用しましょう。

金利・利率・利息の用語辞典記事一覧

ローンを借りる際に、固定金利と変動金利という言葉を耳にすることが多いでしょう。短期で借りるローンの場合には、ほとんどの場合が固定金利ですが、銀行ローンのような長期ローンとなると、この2つの種類からの選択が可能となってきます。そもそも、その2つの差は何なのでしょうか?固定、変動の意味を考えてみるとすぐにお分かりいただけるように、返済の期間中返済金利がずっと変わらないものと、市場金利に連動しながら変化...

消費者金融のキャッシングを利用する際に大きな問題となるのが金利です。当然のことですが、キャッシングを利用してお金を借りれば、その後は一定期間にわたって元金に併せて利息も返済していくことになるわけですから、返済額全体を低く抑えるためには金利の安いキャッシングを利用するのが一番よい方法です。現在、消費者金融のキャッシングの金利には変動制を採用しているところもあれば、固定制を採用しているところもあります...

法定利率を簡単に説明すると、法律で定められた利息ということになります。如何いう場合に適応されるかというと、お金の貸し借りをする時の利息・遅延損害金などを、事前に利率の設定しなかった場合です。この法律ですが、2種類あります。それは、民法上のものと商法上のものです。これは、適応される利率がそれぞれ違います。そして、お金を貸し借りをする場合の法律は、前述の2種類の他にも利息制限法・出資法の2種類があるの...

優遇金利とは簡単に言うと、店頭等で予め決められている金利よりも所定の条件をこなすことで、低い金利が借りることができるというものです。商品説明の中には条件が色々書かれていますが、大きく分けると適用金利の期間が決まっていたり、借入金額が大きいものが一般的と言えます。適用金利の機関が決まっているものについては借り入れをしてから特定の期間の場合には店頭金利よりもマイナス何%というような具合に設定されていて...