借り入れ件数を3件までに抑える理由とは

借り入れ件数が3件までの理由とは

借り入れ件数は基本的に制限があるわけではありません。
しかし、一般的には3件までと言われています。
その理由は、3件以上になると借り入れを行うことが難しくなります。
なぜならば、金融会社に借り入れを申し込んでも審査で弾かれてしまう可能性が高まるからです。
金融会社は、審査するとき多くが信用情報登録センターに問い合わせます。
そこでは申し込みをした人が、今までどのような借金をして現在何社から借り入れているのか借金履歴がわかるのです。
金融会社には、それぞれその借金履歴から独自の審査項目を設けられています。
返済が停滞していたり、多額の借金をしていたら審査にひっかかることは多くの人が知っているかと思います。
しかし、その基準となるものの一つに借り入れ件数があることはあまり知られていません。
件数が多ければ、それだけ月々の返済に追われる可能性が高いですし、「そもそも返済する意思がないのではないか」と疑われるきっかけにもなるのです。
なぜ金融会社が審査を行うかといえば、貸したお金を返してもらえる人物かどうかを判断するためです。
そのため、もしも複数の金融会社に借り入れをしようと考えているのならば、なるべく3件で目標の借り入れ金額に達するように計画を立てることが大切です。
ちなみに、抵当権や保証人を活用するときは、別の形で返済できる可能性が高まるため、審査のときに借り入れ件数に入れてない金融会社も多く存在しています。