融資額を増やしたいなら有担保ローンが有利

融資額を増やしたいなら有担保ローンが有利

キャッシングの魅力は無担保、保証人なし、いつでも借りることのできる手軽さにあります。 しかし、融資上限に関しては300万円から多くても500万円程度に抑えられており、事業資金や設備投資など多額の融資が必要な場合には、有担保ローンが有利になります。 担保がある場合、融資上限額が1億円から多い場合だと10億円まで可能な金融機関もあります。 担保というのは、万一融資した資金が返済不能に陥った場合、その代わりとなるもののことを言います。 様々な担保が考えられますが、中でも最も多いのが不動産です。 通常は、その担保となる不動産価値を査定し、その価値に対して7割から8割程度が融資の上限になります。 1億円の不動産価値があるとすれば、融資上限は7000万円〜8000万円ということですね。 バブルの頃は価値のないような不動産でも、どんどん融資していましたが、今はそのようなことはありません。 また、担保があれば無条件に融資してくれるということではなく、しっかりとした事業計画があり、確実に返済が見込めるということを金融機関に説明、説得する必要があります。 情熱も大切ですね。 高額な融資になりますと、返済期間が長くなりますので、金利に関しては無担保融資に比べて低くなります。 これはメリットと言えるでしょう。 ただ金融機関によって金利が違いますので、まずは金利の低いところから交渉を開始するというのが基本になります。 ある金融機関で融資を断られても、別の金融機関ではOKになることも少なくありませんので、諦めず根気強く交渉していくことが大切です。